校章品川区立山中小学校
トップページ品川教育委員会トップページ
文字サイズ
拡大標準縮小
印刷用画像

校長室より



【10月12日<ズーム朝会>】

 おはようございます。これを見てください。6年生「理科」の教科書です。実はこの教科書の中に山中小学校が載っています。このページを見てください。どこだかわかりますね?!そうです。校庭から花壇を見た山中小学校の緑のカーテンです。今、この写真のようにヘチマがすくすくと育っています。
 地球温暖化で気温が高くなっていることが問題になっていますが、山中小学校では何年も前から環境教育に取り組みエコクラブの活動も活発です。緑のカーテンは蒸散の作用で気温を下げる働きをしてくれます。環境に優しい取り組みについてみんなで考え、生活に取り入れていきたいですね。
 さて、今秋からヤマリンピックの取り組みが始まりました。今日は、各色の応援団長さん・副団長さんから皆さんにメッセージを伝えてもらいます。ではお願いします。

【10月5日<ズーム朝会>】

 おはようございます。今日はズーム朝会です。皆さんの元気な声が職員室まで届きました。
 先週の土曜日は学校公開でした。学校公開に来た保護者の方にアンケートをお願いして書いてもらいました。アンケートの項目に、「児童は意欲的に学習をしていましたか?」「児童はきまりを守って学習や生活をしていますか?」というのがあります。ほとんどの方が、「児童は意欲的に学習している」「児童はきまりを守って学習や生活をしている」と、評価してくださいました。
 では、皆さん自身はどうでしょう?振り返って
みましょう。意欲的に学習をしていますか?きまりを守って学習や生活をしていますか?
 こういう話があります。昔、旅人が長旅に備えて馬に水を飲ませようとしました。小川まで連れて行きましたが馬は水を飲みません。頭を押さえて飲ませようとしましたが、「ヒヒーン!」と鳴いて嫌がります。ところが喉が渇いたら馬は自分から進んで水を飲みました。という話です。勉強も同じです。先生や親に「勉強しなさい」といくら言われても、頭を押さえられてもやる気がなければ身につきません。しかし、自分から意欲的に「学びたい」と思えば、身
についていきます。
 山中小学校の子どもたちが、主体的に、意欲的に、学習に取り組んでいけるといいなあと願っています。



【9月28日<全校朝会 〈放送)>】


 おはようございます。今日から約1カ月の期間ですが、教育実習の先生がお見えになりました。YM先生は小さいころから小学校の先生になりたいという夢をもっていて、大学で勉強をしています。これから皆さんと一緒に勉強をしたり遊んだりしていただきます。これから自己紹介をしていただきます。それではお願いします。
―自己紹介―
 先週は挨拶の話をしましたが、自分から積極的に挨拶をしてくれるお友達が増えてきました。とっても嬉しいです。今週は学校公開があります。来校者がお見えになったら、進んで挨拶をしましょう。


【9月14日<全校朝会 〈放送)>】

 
おはようございます。皆さん、犬や猫などの動物は好きですか?皆さんの中にはおうちで犬や猫を飼っている人もいるかと思います。犬を散歩させている人同士がすれ違う時、お互いの犬がにおいをかぎ合ったりする場面を見たことはありませんか?それは、犬同士の挨拶のやり方で、私はあなたに敵意はありませんよという気持ちを伝えているのだそうです。
 人間も動物と同じです。においこそかぎませんが、すれ違う時に、「おはようございます」「こんにちは」など、「言葉」で挨拶を交わし、「私はあなたに敵意はありませんよ。」という気持ちを伝えます。そのために挨拶をするのです。

 例えば皆さんが友達とけんかをしたとします。次の日に友達が「おはよう」と、言ってくれたら、「あ、昨日のこと怒っていないのだな。」とか「気にしていないのかな。」とか「許してくれたのだな。」と感じますね。つまり、挨拶をしてくれたということは、「敵意を感じていない。」ということになります。逆に、けんかをした次の日に「ふん」と、そっぽを向かれたら、「あ、怒っている。」とか「私のこと嫌いなのかな。」と思ってしまいますよね。つまり挨拶をしないということは「敵意を持っている」というふうに思われてしまいます。
 毎朝、校長先生や山田先生、週番の先生方は校門の前でみなさんの検温をしています。先生が「おはよう」と言ったときに、「おはようございます」と返事をしてくれる人もいれば、知らんふりして通り過ぎる人もいます。知らんふりされると、校長先生は悲しくなります。今はコロナも心配なので、声を出して挨拶をするのが嫌な人もいると思います。ですから、声に出したくない人は、せめて目と目を合わせて目礼をするとか、頭を少し下げるとか、意思表示をしてくれたらうれしいです。挨拶は相手に敵意を持っていないことを伝えるツールです。お互いがさわやかに気持ちよく過ごせるために、今日から挨拶を意識して取り組んでみてください。
 山中小学校の教室や廊下、校庭、いろいろなところで、「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」の挨拶がたくさん聞こえることを楽しみにしています。


【9月7日<全校朝会 〈放送)>】

 
おはようございます。先週に引き続き、今週も新型コロナウィルスのお話です。現在、世界の感染者は2400万人、死者数は83万人を超えています。日本でも感染者は6万人を超えました。皆さんが住んでいる品川区でも感染者は増えているようです。
 ではどうやって新型コロナウィルスが感染していくのか、みなさんは知っていますか。1つは、手すりなどについた新型コロナウィルスに触れることによる感染です。これを「接触感染」といいます。もう1つは、感染した人の近くで会話などによってつばきなどが飛び、それを吸い込むことによる感染です。これを「飛沫感染」と言います。
 新型コロナウィルスに感染すると、熱が出たり、咳が出たり、のどが痛かったり、などの症状が見られますが、中にはこうした症状が出ない人もいます。テレビなどで「無症状の人がいる」という話をしているのを聞いたことがある人もいるでしょう。
 そういった無症状の人は、お年寄りとか心臓病や糖尿病などの持病を持っている人などと接触すると、お年寄りや持病を持っている人は重症化してしまうことがあるそうです。最近は家族感染も増えてきているので注意しなければなりません。
 ここで、皆さんと一緒に考えたいことがあります。悲しいことに、今新型コロナウィルスに感染した人や医療の仕事についている方への差別や偏見が問題になっています。インターネットやSNSでうわさや悪口を書き込んだりするというとても残念なこともあります。新型コロナウィルスは目に見えないウィルスなので、気を付けて生活していても感染してしまうこともあります。感染してしまうことは仕方ないことで、本人や家族には責任はありません。では、もしも身近に感染してしまった人がいたら、どんな気持ちで接してあげたらよいでしょう。みなさんならわかりますね。そうです。1日も早く治るように励ましてあげて、治ったら温かく迎えてあげてほしいと思います。では医療従事者の方々にはどのような気持ちをもてばよいでしょうか。そうです。自分が感染するかもしれない不安を乗り越えて勇気をもって患者さんのために力を尽くしてくださっていることは大変立派なことです。感謝の気持ちをもちたいですね。
 私たち人間は、人種や宗教、思想を超え、みんなが明るく元気に楽しく暮らせる権利をもっています。その権利のことを人権といいますが、新型コロナウィルスによって人権が奪われることのないように、またほかの人の人権を奪うことがないように、私たちは自分で自分の心を戒め、正しい判断ができる強い人になっていきましょう。


【8月31日<全校朝会 〈放送)>】

 
おはようございます。今日は、文部科学大臣からのメッセージを皆さんにお伝えします。
 <メッセージを読み上げる>
 今日で8月が終わります。明日から9月です。みんなで仲良く過ごしていきましょう。


【8月24日<始業式 〈放送)>】

 おはようございます。今日から2学期が始まりました。例年ですと9月1日が始業式ですが、今年は1週間早い始業式となりました。まだまだ暑い日が続きますので、熱中症に気を付けて過ごしましょう。

 さて、2学期は9・10・11・12月と4か月もあって、学校の1年間の中で一番長い学期になります。そして、四季の中で「秋」という季節になりますので、大変過ごしやすくなります。「食欲の秋」、「読書の秋」、「スポーツの秋」など「○○の秋」という言葉も多く、皆さんにも充実した2学期になるよう、努力してほしいと願っています。勉強でも読書でもスポーツでもなんでもよいので、何か一つ自分で頑張ることを見つけてください。そして、2学期も健康・安全に気を付けて元気に過ごしていきましょう。

<転入生の紹介>

<学びノートを頑張ったお友達>
 山中小ではこれまでPTAのまなざしチームのみなさんの応援による「学びノート」の取り組みを行ってきました。今年度は行っていませんが、昨年度がんばったお友達の「がんばり賞」をまなざしチームの方々が用意してくださいました。各教室で担任の先生から商品を受け取って、拍手をもらってください。

  今年度は、「自学ノート」に取り組んでいますね。「継続は力なり」です。根気強く取り組んでいきましょう。


【7月31日〈終業式(放送)〉】
 おはようございます。今日で1学期が終わります。振り返ってみると、4月6日から今日まで、約4か月の間、色々なことがありました。4月は「始業式」、「入学式」を一日だけ行い、学校は休業となりました。5月・6月は分散登校、それから6年生だけの一斉登校、6月末から全クラス一斉登校になり、今日に至っています。また、ソーシャルディスタンスを保つとか、手を洗う、うがいをする、窓を開ける、アルコール消毒をする、マスクをする、給食はパック詰めになる等、これまでにない学校生活となりました。
 休業中の家庭学習は、時間割を見て、今日の課題を進めていく自学自習のやり方だったので、辛かったことでしょう。友達にも先生にも会えない中、お家の人も忙しく、誰かと話をしたくても、自分の話を聞いてもらえなかった人もいたかもしれません。コロナを通して一人一人が様々な体験をしました。いろいろあったけれど、まずは1学期を無事に終えることができたのは、皆さん一人一人がお家の人や先生との約束を守ったり、自分ができることを精一杯頑張ったりしたからです。皆さん本当に頑張りました。乗り越えてくれて有難う。また、それを支えてくれた皆さんのお家の方にもお礼を言いたいです。今日お家に帰ったら、校長先生が「ありがとう。」と言っていたことを伝えてください。
 大きな山を乗り越えることができると、小さな山を乗り越えるのは簡単になります。小さな山をたくさん乗り越えると、大きな山を乗り越えられるようになります。皆さんは、大きな山や小さな山をいくつも乗り越えて大人になっていきます。山を乗り越えられた時、「成長した」と言います。皆さんは、この1学期に確実に成長しました。その成長について、8月後半の個人面談で、担任の先生が皆さんのお家の方にお話をしてくださいます。その話を受けて、2学期に新たな目標をもって進んでほしいと思います。
 最後に、夏休みも、交通事故に気を付けてください。また、知らない人にはついて「いか」ない、車に「の」らない、「お」お声を出す、「す」ぐにげる、大人の人に「し」らせる、「いかのおすし」を守って過ごしてください。私は皆さんの安全を一番大切に思っています。2学期にまた会いましょう。
 これでお話を終わります。



【7月27日〈全校放送朝会〉】

 おはようございます。昨晩は大きな雷が鳴って、ちょっと怖かったですね。しかし、雷が鳴ると梅雨が明けると言われているので、もしかしたら梅雨明けが近いのかもしれません。また、今朝、第2校庭でセミが鳴いていました。セミが鳴くと梅雨が明けるとも言われています。きっと雷もセミも、梅雨明けが近いことを教えてくれているのでしょう。
 さて、今日は「時泥棒」についてお話をします。皆さんは「時泥棒」という言葉を聞いたことがありますか?「時」は時間のことです。「泥棒」は、物を盗む人のことです。従って、「時泥棒」とは、時間を盗む人のことです。学校生活の中で、時泥棒をする人はいないでしょうか?考えてみましょう。例えば、授業が始まっているのに、なかなか教室に戻ってこない人がいるとします。全員が揃うまで授業が進められないのでみんなで待っていると、みんなの勉強時間を奪うことになります。あるいは、「○時に集合」と、決められているのに、決められた時間に来ない人がいると、物事が始まりません。そんな時、「時泥棒をする」という言葉を使います。
  1学期も残り1週間となりました。限られた時間を有効に使うためにも、時泥棒をしないように、時間を守って生活しましょう。


7月20日〈全校放送朝会〉】

 おはようございます。今日は7月20日です。いつもなら、今日は1学期の終業式で、明日から夏休みというところですが、今年度は7月31日が、1学期の終業式となります。終業式まで残り8日間あります。1学期に学習したところをしっかり復習しておきましょう。
  復習のポイントは三つあります。一つ目は、新出漢字の練習です。特に、止め・はね・払いに気を付けて練習をしてください。せっかく練習するなら正しい漢字を覚えて○をもらいたいですよね。二つ目は計算練習です。式があっていても計算ミスをしてしまったら損をしてしまいます。計算練習をしておけば、ケアレスミスをなくすことができます。三つめは、社会や理科の教科書も、国語の教科書を読むように声に出して読むことです。声に出して読むと、目と耳と口と頭を使うので、記憶に残りやすくなります。この三つに気を付けて、しっかり復習しましょう。
 最後にお願いがあります。登校時の検温についてお話します。毎朝、通用門前に設置しているカメラでみなさんの熱を計っています。このカメラは、顔全体を捉えて熱を計りますので、下を向いて歩くと体温を感知することができません。そこで、みなさんにお願いがあります。通用門に入ったら、校帽を後ろにずらし、視線をカメラに向けてください。そうすると、やり直しをせずに、しっかり計ることができます。雨の日は、傘が顔を隠してしまうので、傘は肩にかけて後ろにずらすようにするときちんと計れます。スムーズな検温ができるように協力をお願いします。これでお話を終わります。



【7月13日〈全校放送朝会〉】

 おはようございます。皆さんは、すでにニュース等で知っていると思いますが、九州全域で、河川が氾濫してたくさんの人がお亡くなりになったり、家が流されてしまったり、甚大な被害が出ています。もしかしたら、皆さんの親戚の方などが被害にあわれている人もいるかもしれません。この場を借りてお見舞い申し上げます。
 さて、日本は昔から地震や台風など災害が多い国だと言われています。日本の位置や地形など様々な要因が考えられていますが、最近は「今まで経験したことのない大きさの台風」とか「想定外の大きさの地震」とか、「観測史上初の気温」など、の言葉を耳にするようになりました。これは、地球温暖化が原因で引き起こされているとも言われています。地球温暖化を引き起こす原因は、いろいろ 考えられていますが、二酸化炭素の排出量の多さだといわれています。
  ですから、私たちの暮らしの中で、二酸化炭素をできるだけ減らしていくことが大切です。二酸化炭素を減らす取り組みの中で、小学生の皆さんでもできることがあります。どんなことだと思いますか?
  そうですね。植物を育てること、ごみを減らすこと、等です。山中小学校には、山中エコクラブや緑化隊の取り組みがあります。屋上や花壇で育てている植物が二酸化炭素を取り込んで綺麗な酸素を放出してくれます。買い物をするときにエコバックを持参することや、過剰な包装をしないなどはごみを減らすことに繋がります。学校給食やお家で食べるご飯も残さず食べるとごみが減ります。些細なことかもしれませんが、みんなで協力して行えば大きな力になります。
  そこで、皆さんの取り組みを応援するために、植物を育ててみたい人に、山中小ガーデンのハーブをお分けすることにしました。ハーブにはたくさんの種類があり、お料理に使ったり、ハーブティーとして飲み物にしたり、色々と使うことができるのでお家の人と一緒に育ててみてください。欲しい人は全員もらえます。詳しいことは、今日配られる「山中おやこエコクラブニュース」のお手紙に書いてあります。
  皆さんがいつまでも長くこの地球に住んでいられるように、二酸化炭素を減らす努力をしていきましょう。学校の図書室にも地球温暖化に関連する本がたくさんあるので、読んでみてください。知識を獲得したら、お友達やお家の人にも教えてあげましょう。校長先生にも教えてください。
  もう一つお話があります。悲しいお知らせです。山中小学校のウサギさんのお世話をしていただいている獣医さんの平田先生が先日ご病気でお亡くなりになりました。5年生、6年生の飼育委員会のメンバーをはじめ、高学年の皆さんは、「命」の授業で、平田先生からご指導をいただきましたね。平田先生の動物や子どもたちへの愛情は熱いものがありました。山中小学校の子どもたち一人一人が自分の命、友達の命を大切に生きてほしいというのが平田先生の願いでした。その思いを受けて、私たちは一生懸命前向きに生きていくことを平田先生に誓って、ご冥福を祈りたいと思います。
  平田先生に感謝の言葉を述べたい人もいると思います。各担任の先生にお手紙の用紙をお渡ししていますので、書きたい人は今週中に校長先生まで提出してください。皆さんのお手紙をまとめて、校長先生が平田先生のご家族に届けます。
  最後は悲しいお知らせでしたが、今日は二つのお話をしました。これで私の話を終わります。


【7月6日<全校放送朝会>】
 おはようございます。早速ですが、先生方にも「日直さん」がいることを知っていますか?皆さんのクラスにいる日直さんは、朝の会や帰りの会の司会をしたり、授業が終わった後、黒板を拭いたり、クラスによって仕事が少し違うかもしれませんが、その日の中心的な役割を果たしていると思います。
 先生方の日直さんは、子どもたちが安全に生活できているか、学校中の子どもたちを見守る仕事です。週番とか看護当番とかいう言い方もします。
 日直になった先生は、日誌を書きます。その日誌を校長先生は毎日読んでいます。ある日のある先生が書いた日誌にこんなことが書いてありました。「まもるっちで遊んでいる児童がいたので注意した。」
 校長先生はとっても怖くなりました。なぜならば、まもるっちは、皆さんの命を守る大切なアイテムです。その大切なまもるっちをおもちゃのように扱って、もし壊れてしまったら、いざという時に使えなくなります。不審者から身を守れなくなります。だから、怖いなあと思ったのです。
 そこで、校長先生から皆さんに二つのお願いがあります。
 一つ目「まもるっちで遊ばない」
 「まもるっちで遊ぶ」とは、まもるっちを振り回したり、いたずら電話やいたずらメールをしたり、わざと発砲したりすることです。絶対にやめましょう。
 二つ目「友達のまもるっちに触らない」
 まもるっちは、一人一つずつ品川区が子どもの命を守るために用意してくれた大切な物です。友達のまもるっちを触るということは、友達の命を触っていることと同じです。自分の物と他人(ひと)の物の区別をしっかりつけてください。これは、まもるっちに限りません。友達の筆箱を勝手に触ったり、消しゴムを借りたりもしません。特に今はコロナの時代です。まもるっちをはじめ、他人(ひと)の持ち物には「触らない」ようにしましょう。
 ある日の日直の先生の日誌には、こんなことも書いてありました。「廊下を静かに歩く児童が増えてきた。一人一人が注意しながら行動できるようこれからも声をかけていく。」このように、うれしい日誌を読むこともあります。嬉しい日誌を毎日読むことができたら校長先生は幸せです。一人一人がきまりを守って、安心で安全な学校生活を送っていきましょう。
 次に、3年生以上の前期の学級代表さんに選ばれた人を紹介します。
(3-1~6-2まで発表)
 学級代表さんは、その学級のリーダーです。みんなが居心地の良い学級を率先して作ってほしいと願っています。これで校長先生の話を終わります。


【6月29日<全校放送朝会>】

 みなさん、おはようございます。今日から全校一斉登校が始まりました。これまで分散登校で、クラスの半分の人にしか会えませんでした。寂しいと感じていた人もいるでしょう。一方、大勢になることが不安に思う人もいるかと思います。感じ方は人それぞれなので、校長先生はどちらの気持ちも大切にしたいなあと考えています。
今日から始まる一斉登校の中で、みんなが楽しめるように、先生方は休み時間の過ごし方や勉強時間の過ごし方を工夫しました。担任の先生や養護の山田先生から新しい生活様式による学校での過ごし方を教えていただき、安全に過ごしてください。
そして、困ったことや心配なことがあったら一人で悩まず、先生やお友達、お家の人やスクールカウンセラー、校長先生に相談しましょう。
もう一つお話をします。東京大崎ロータリークラブ様から「山中小学校で使ってください。」と、消毒スプレーをたくさんいただきました。子ども達のために役立つものを・・・というご配慮です。ありがたいですね。児童の皆さんや学校に来る人たちが使えるように、教室や保健室、玄関で使えるようにします。感謝の気持ちをもって、大切に使いましょう。


【6月26日】
<御礼>
 本日、東京大崎ロータリークラブ様(会長 柿本榮三様)より、創立35周年事業の一環として本校に薬用ハンド消毒スプレーを寄贈していただきました。東京大崎ロータリークラブの皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。また、このことを、本校の児童、保護者の皆様にご紹介させていただきます。児童や来校者の皆さんが使えるよう、教室や玄関などに配備させていただきます。

 
【6月15日・16日<全校放送朝会>】
 皆さん、おはようございます。今日は、615(16)日です。1年は12か月あるので6月はちょうど半分です。1年の半分が過ぎようとしているのですね。時の流れは速いですね。
 さて、今日は覚えておくとちょっと便利な話をします。1か月は30日の時と31日の時がありますね。何月が30日で、何月が31日なのか、わかりますか?実は覚え方があります。「にしむくさむらい」(西向くサムライ)30日で、それ以外は31日と覚えるとわかりやすいです。
 に・し・む・くの「に」は2月のことです。「し」は4月、「む」は6月、「く」は9月のことです。「サムライ」は、11月のことです。なぜならば、サムライとは武士のことです。11月の11を漢数字で書くと、十一です。これを縦に書くと士という漢字になります。だからサムライの意味になります。ただし、2月は例外で、28日ですね。4年に一度うるう年で29日になることも併せて覚えておきましょう。
 もう一つお話をします。山中小学校には、「親子エコクラブ」という活動がありますね。今日は、昨年の「山中親子エコクラブ」に積極的に参加したお友達を、「アースレンジャー」として表彰したいと思います。今から名前を呼びますので、名前を呼ばれたお友達は、後ほど校長室に来てください。表彰状をお渡しします。(9名名前が呼ばれる)皆さん、大きな拍手をお願いします。今名前を呼ばれたお友達は、地球環境のために頑張ったお友達です。今年度も「親子エコクラブ」の活動があると思いますので、皆さんも地球を守る活動に関心をもって積極的にかかわってください。


【6月1日・2日<全校放送朝会>】
 皆さん、おはようございます。校長先生の名前と顔を覚えてくれましたか?自己紹介をしますね。私の名前は守田由紀子です。好きな食べ物は甘いもので、特に「お団子」とか「羊羹」とか「あんみつ」とか、和菓子が大好きです。好きなことは歌を歌ったり音楽を聴いたりすることです。よろしくお願いします.
  さて、いよいよ6月。今月から分散登校が始まりました。コロナ感染症にかからないように注意しながらの学校再開です。これから新型コロナウィルスについて少しお話をします。
  新型コロナウィルス感染による被害が、日本だけでなく、世界中で起きています。ウィルスの感染を防ぐために皆さんに、三つのお約束を守ってほしいと思います。
  一つ目は予防のお話です。まず、毎日検温をして健康観察を行います。熱がなくても具合が悪い時は大事を取って家で休んでください。次に手洗いやマスクをすることです。また、空気の入れ替えが大切です。そして、バランスの取れた食事や運動、早寝早起き等規則正しい生活を送りましょう。また、3つの密を避けることが大切です。3つの密とは、「密閉」「密集」「密接」のことです。学校では3つの密を避けるために、窓を開けたり、机の間隔をあけたり、グループを作らないような授業の進め方を工夫しています。皆さんも引き続きマスクをつけることや手洗いうがい、咳エチケットをしっかり守ってウィルスの感染防止を心がけていきましょう。
  しかし、どんなに気を付けていてもウィルスに感染してしまうこともあります。二つ目は感染してしまったときのお話です。もし、学校で具合が悪くなったら我慢せず、すぐに周りにいる先生に伝えてください。新型コロナウィルスに感染しても、すぐに対応することで早く回復したり、他の人が感染することを防いだりすることができます。また、先生たちが判断したうえで、皆さんは大丈夫だと思っても、保健室で様子を見させてもらうこともあるかもしれません。ウィルスを広げないために、そして皆さん自身を守るために、先生たちも全力で取り組みますので理解してください。
  三つめは、心の問題についてです。見えないウィルスへの不安から、日本でもウィルスに感染した人やその家族、病院に勤めている方などに対して悪口やいじめが残念ながら起きてしまっています。悪いのはウィルスであって、感染した人は何も悪くありません。感染した人は健康な体を取り戻そうと頑張っています。また、病院関係の方々も頑張っています。頑張っている人に、応援する気持ちや感謝の気持ちをもって、みんなで乗り越えていきましょう。悪口やいじめは絶対にやめましょう。
  もし何か心配なことがあれば、自分で悩まずに担任の先生やスクールカウンセラーに相談してください。もちろん校長先生に相談してもいいですよ。
  最後に、クイズを出します。令和2年度の山中小学校の児童数は何人でしょう?
  ①  400人 ②367人 ③258人
正解は②367人です。367人全員で、力を合わせてより良い学校を作っていきましょう。これでお話を終わります。


【5月26日】
 昨日から学年ごとの1日登校が始まりました。昨日は3年生、今日は1年生と6年生が元気に登校してきました。入学式・始業式以来の登校に、緊張の中にも喜びの笑顔が垣間見られました。
 登校時の検温チエックや、手洗い・うがいをはじめ、友達との距離を取りながらの授業スタイルなど、新しい学校生活様式の中で、子どもたちはルールを守りながら過ごすことができました。教職員は、児童の入れ替えごとに教室や水道等の消毒を行いました。
 来月から始まる分散登校の練習にもなる今週の動きです。児童も教職員もイメージを作りながら学校生活を送っています。
 明日は4年生、明後日は2年生、明々後日は5年生の登校になります。先生方も張り切っています。楽しみに登校してきてください。


【5月13日】
 校長室の窓を開け、仕事をしていたら、ジャスミンに似た香りが漂ってきました。「どこから、何の匂いだろう?」と思い、辻松副校長先生を誘って校庭に出てみました。すると、事務室横の2メートル程の樹木から、白と紫のきれいな花がたくさん咲いていました。「これだ!」と思い顔を近づけてみると、マスク越しからでも良い香りがしました。辻松副校長先生が、写真を撮って、名前も調べてくれました。「ニオイバンマツリ」という花だそうです。(恥ずかしながら私は知らない名前だったので、勉強になりました。)HPトップ画面に掲載している写真がそれです。ぜひご覧ください。
本校のかわいいウサギさんたちの写真もアップしました。ウサギさんも元気に暮らしているので安心してくださいね!


【5月9日】
 雨が予想されていた土曜日でしたが、良い天気に恵まれ、5月の課題を配布いたしました。保護者の皆様が全員来てくださり、ご協力に心から感謝いたしております。ありがとうございました。

<5月2日~5月8日>
 先生方は、少ない印刷機の順番を待ちながら、5月の課題のプリント印刷、袋詰めを行いました。職員室は一日中、印刷音が鳴り響いています。学年主任と教科主任、管理職は出来上がった課題に①学年差はないか②児童が一人で取り組めるか③学習指導要領に準拠しているか④保護者が戸惑わないかなど様々な視点でチェックをしました。


51日】
 風薫る5月。学校再開が危ぶまれる中、ゴールデンウイークを迎えました。これまでの先生方の歩みをお知らせいたします。

41日~6日>入学式・始業式の準備。児童も保護者も教師もコロナに感染しないように何ができるか、どうやって時間短縮をするか、に焦点を絞って準備を進めました。そして何より、46日の始業式・入学式で、どうやって児童と関わり・学校生活への期待と進級・入学の喜びをもたせるか、重大な課題でした。大きな袋を購入し、渡すものはすべて袋に詰め込む作業をしました。また、人の出入りの動線を見直したり、3密を避けるため、換気・距離に気を付けながらの進行を考えたり、子どもたちへの第一声を考えたり、先生方は初めての体験に戸惑いながらも、「チーム山中」を合言葉に頑張りました。

47日~4月21日>
 教職員は一か月後の学校再開後の授業の進め方について、年間指導計画の立て直し作業を行いました。まだ区や都で何も決まっていない状況でしたので、「学校再開から7月いっぱい学校で授業を行う」という本校独自の仮設定を行い、各教科、各学年の指導計画の見直しを行いました。各ご家庭への状況確認のお電話もさせていただきました。

<4月22日~5月1日>
 5月6日以降、学校休業延長を見込んで、先生方は課題の教材研究と作成を行いました。様々な家庭環境の中で、できるだけ子どもたちが自力でできるような教材(自学自習教材)を作り、プリント作成を行いました。 


46日】

<始業式>


 みなさん、おはようございます。髙水校長先生の後任できました守田由紀子です。私は品川区立源氏前小学校から来ました。
 髙水校長先生から、山中小学校の良いところをたくさん聞いています。その中で一番心に残っていることは、「山中小学校の子どもたちは明るく素直で優しい子がたくさんいますよ」という言葉です。その言葉通り、今日、私が門の前であった児童の皆さんは大きな声で「おはようございます」とあいさつをしてくれました。「校長先生ですか?」と話しかけてくれたお友達もいます。みなさんがあいさつをしてくれたり、話しかけてくれたりして、とっても嬉しかったです。これから皆さんと一緒に遊んだりお話をするのを楽しみにしています。
 ただし、本来ですと明日から学校生活が始まるのですが、皆さんも知っての通り、新型コロナウィルス対応で、明日から56日まで学校は休業になりました。。詳しいことは今日配られたお手紙やホームページに書いてありますので、おうちの人に読んでもらってください。3月の時のように、校庭開放や図書館開放、すまいるスクールはあります。また、登校日も設けました。このことについても、おうちの人に手紙を読んでもらってください。
 それでは、うがい・手洗いをしっかり行い、栄養と睡眠をしっかりとって、元気にがんばってください。これでお話を終わります。


<入学式>

 1年生の皆さん、入学おめでとうございます。山中小学校の先生方全員で皆さんの入学を心待ちにしていました。小学校は国語や算数、音楽や図工、体育といったお勉強をしたり、お友達と仲良く遊んだり、とっても楽しいところです。2年生・3年生・4年生・5年生・6年生のお兄さん・お姉さんもたくさんいて、みんな優しく元気いっぱいです。1年生の皆さんも早く山中小学校に慣れて、元気いっぱい活躍してください。校長先生から二つだけお願いです。一つ目は交通事故に気を付けることです。二つ目は手をしっかり洗ってうがいをすることです。この二つを守って、安全に過ごしましょう。
 保護者の皆さま、本日はお子様のご入学おめでとうございます。新型コロナ対応で縮小という形での入学式となりましたが、今日は大変おめでたい日です。おうちに帰られましたら、おめでとうという言葉といっしょにあなたが小学生になってうれしいよという気持ちをぜひ伝えてあげてください。山中小では、すべての子どもが楽しい学校生活を送れるよう、教職員が一丸となって力を尽くしていく所存です。
 学校にとっても皆様にとってもこれまでにない学校生活の始まりですが、こんな時こそ連携を密にしながら乗り越えていきたいと思います。どうぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。簡単ではございますが、これで私の式辞といたします。


【4月1日】

令和2年度より、山中小学校に赴任いたしました守田 由紀子です。校長室のドアを開けてびっくり!机の上の「やまなかくん」のマスコットが笑顔で迎えてくれました。髙水恵校長先生から引き継いだ「やまなかくんのおもてなし」に感激しながら、子どもたちの成長をしっかりと支えていこうと決意を新たにいたしました。
 68名の新入生を迎え、366名の全校児童と教職員が一丸となって、新しい船出です。保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、一層のご理解とご支援を賜りたくお願い申し上げます。

校長 守田 由紀子



            

                       
 新型コロナ感染症対策で、例年と異なる教育活動となりますが、児童の健康・学習・生活を第一に考えております。ご心配な点などございましたら、遠慮なくご相談ください。

校長 守田 由紀子

コンテンツ一覧

学校概要

校長室より

教育目標・学校経営方針

学校だより

学力定着度調査

外部評価

フォトギャラリー

年間行事予定

給食

PTAのページ

いきいき広場のページ

申請書等

アクセス

〒140-0014 品川区大井3丁目7番19号 品川区立山中小学校
Tel 03-3772-3006 / 03-4330-5982 (17:30~8:00) Fax 03-3772-0271
Copyright © 2012 品川区立山中小学校 All Rights Reserved.