ふるさと大原掲示板

 校庭側の校門の前に、ふるさと大原掲示板」を設置しました。
 この掲示板は、地域の方々と交流した活動や取り組みの様子をお伝えしたり、子供たちが参加できる地域の催しを、学校を通してお知らせしたりすることができる掲示板です。
 町会の催しや、子供たちへの参加呼びかけ等お知らせしたいことがあれば、是非、学校までお声かけください。

 今月は、地域の皆様といっしょに行った大原南公園での花壇への花苗植え作業の様子や、民謡教室、二分の一成    人式について掲示しています。
 これからも定期的に更新していきますので、付近をお通りの際は、是非ご覧ください。

    




二分の一成人式
 
 2月3日土曜日に4年生による二分の一成人式が行われました。
この日の為に保護者の方やPTA、地域の方々などたくさんの人が来てくださいました。
まずは4年生の児童一人一人が丁寧にお辞儀をして入場です。

    

 ひとりひとりが壇上に立ち、自分の将来の夢についてスピーチをしていきました。
どの児童も自分の将来の夢について真剣に考え、大きな声で立派に発表することができました。

    

 その後、PTAの方からの記念品の贈呈と、3年生による歌のプレゼントがありました。
3年生の児童はとても真剣な態度で参加することができました。来年度は自分たちが発表するんだという思いもあったことでしょう。4年生からは群読「いきいきいきる」の発表がありました。
 次に親子で手紙の交換が行われました。親への思いを込めて書いた手紙を読み、日頃の感謝を伝えました。とても感動的な時間になりました。
 最後に、「未来へ」の合唱とリコーダー奏の発表があり、二分の一成人式は幕を閉じました。
来てくださった方々を4年生みんなでお礼をいって送り出しました。

      

      

 ご来場していただきました地域・PTA・保護者の皆様に改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。






キャロル・テベイ先生となわとびパフォーマーのふっくん

 ニュージーランド招致教員のキャロル・テベイ先生が2週間、大原小学校に来てくださっていました。
キャロル先生から、ニュージーランドの踊りや文化について教えたり各クラスの授業や給食に入ったり、
たくさんの場面で大原小学校の子供たちと関わってくださいました。
子どもたちは積極的にキャロル先生に英語で話しかけてコミュニケーションをとろうとする姿がみられました。
そんな大原小学校の子どもたちにキャロル先生はいつも笑顔で応えてくださっていました。

      

 キャロル先生が大原小学校に来られる最終日の朝にはお別れセレモニーが行われました。
5年生の代表児童からスピーチとプレゼント・花束の贈呈がありました。
その後はキャロル先生からのお話、そして最後はみんなで「世界に一つだけの花」を合唱しました。
体育館にみんなの歌声が響き渡り、とても感動的なセレモニーになりました。
たった2週間という短い時間でしたが、キャロル先生と子どもたちの間には素晴らしい絆が育まれました。

 キャロル先生、ありがとうございました!

     


 そして、オリンピック・パラリンピック教育の一環で、なわとびパフォーマーのふっくんも大原小学校に来てくださいました。
まずは、体育館でなわとびでできる凄い技の数々を披露してくださいました。
次々と繰り出される凄技に子どもたちは拍手喝采、大喜びでした。
2・3・4時間目は各学年になわとびの特別授業をしてくださいました。
今まで知らなかった様々な飛び方を子どもたちは教わりました。
この体験を通して子どもたちは今まで以上になわとびを使った運動に興味をもってくれたことでしょう。

 ふっくん、素敵な技と授業をありがとうございました!