令和2年1月の様子

 市民科「障がいとは、なんだろう」(6






 
 「普通ってどういうことだか、説明できますか」

 ゲストにトリーチャー・コリンズ症候群の
 当事者である石田祐貴先生(筑波大学
 大学院在学)をお迎えして学習しました。

 石田先生はご自身の経験を語られながら、
 「障害」に関する問題に対する社会的な理解
 を広げる活動を広くされています。

 直接お会いしてお話をうかがった子ども達は、

 「たくさんの問題を乗りこえて、生きている
  先生のお話を聞いて、私も頑張ろう、
  勇気が湧いてきました。
 「一人一人はちがっていてもいい。ちがうことが
  当たり前なのだとよくわかりました。

 学習することができました。

 石田先生、ありがとうございました。

 市民科「ネパールを知ろう!」(4年・国際委員会)








 
 
 本校の世界友だちプロジェクト友好国
 市民科「ネパールを知ろう」(4年)を
 行いました。ゲストにかながわ交際交流
 財団代表ジギャン ケマル タパさんを
 お迎えしました。ジギャンさんは、ネパール
 と日本の友好のかけ橋として多岐に渡る
 活動をされており、本校も3回目のご来校
 になります。

 ネパールの学校での生活や学習の様子、
 本校も行った「ネパールたまごプロジェクト」
 の支援の成果など学ぶことができました。

 「ネパールの教科書に、日本人はまじめで
 礼儀正しく、協力できる民族、と書いてある
 ことを知りうれしかったです」

 など、たくさん学ぶことができました。


 4年生の後は、国際委員会児童が、お話
 をうかがい、「ネパールたまごプロジェクト」
 (ネパールの学校への給食支援募金活動)
 の計画を立てました。

 ジギャン先生
 ありがとうございました。

 3学期 始業式を迎えました!






 
 
3学期 始業式を迎えました。

新しい年の初め、一人一人の新しい息吹が
清新な雰囲気を創りだしてよいスタートを
きることができました。

5年生代表児童が
「今年はいよいよ6年生。
 代表委員としてこの3学期は、6年生から
 バトンを引継ぎ、委員会やクラブ活動、
 6年生を送る会など大成功にしていきます。」
と、力強く宣言しました。

大きな事故や病気もなく全員が無事3学期を
迎えることができました。

本年は、開校145周年の佳節を迎えます。

保護者・地域の皆様どうぞよろしくお願いいたします。