校章 
トップページ品川区教育委員会トップページ
文字サイズ
拡大標準縮小
印刷用画面
 

学力定着度調査の結果と取組み

学力向上に向けて
●本学園では一貫教育推進部を中心に、月に1回の校内研究会(研究授業及び協議会)を実施し、教員の授業力・指導力向上のため研究・研修を進めています。「日野カリキュラム」を確立させ、子ども達の学力向上に努めています。

●4月に実施される6・9年の全国学力学習状況調査や2-9年の品川区学力定着度調査、7月に実施される5・8年の東京都学力調査および学期ごと実施する校内定期考査、各種学習確認テストなどを分析し、日々の授業の改善に役立てます。

●夏季休業期間にはサマースクール(全学年)、勉強合宿(第8学年、3泊4日)を実施し、児童生徒の学力向上を図ります。

●コミュニティ・スクールの学校支援地域本部の機能を生かし、様々な外部指導者(地域・保護者等)の協力を得て、以下のような品川地域未来塾の取組を実施し、学力向上を図っています。

① 定期考査対策  対象 5-9年 
    定期考査1週間前から教え合い教室を実施する。

② 進路対策補習  対象 8年(3学期)9年(1・2学期)
    水曜日の放課後に受験対策のための補習を実施する。

③ サマースクール 対象 全学年 5日間
    1学期の復習を中心とした個々の課題について補習を実施する。

④ 英語検定対策講座(年3回)
    受検者の中の希望者に対して検定対策指導を実施する。

●9年生での出口保障を確かなものにしていくことを目指しています。

令和元年度 上級学校合格者数一覧(R01.3月卒業生)
平成30年度 上級学校合格者数一覧(H31.3月卒業生)
平成29年度 上級学校合格者数一覧(H30.3月卒業生)

品川区学力定着度調査
平成31年度実施(H31.4月実施)
平成31年度「品川区学力定着度調査」の結果から明らかになった課題と
学力向上に向けた取組


平成30年度実施(H30.4月実施)
平成30年度「品川区学力定着度調査」の結果から明らかになった課題と
学力向上に向けた取組



家庭学習の手引き
家庭を学びの環境に
家庭学習の手引き
家庭学習の進め方
家庭学習サポートリンク



校内研究
校内研究 
品川区立日野学園では、8~10回の校内研究を計画しています。

Copyright© 2012 品川区立日野学園 All Rights Reserved.