本文へジャンプ
校章品川区立旗台小学校
トップページ品川教育委員会トップページ
文字サイズ
拡大標準縮小
印刷用画像

学校経営方針

学校経営の基本的な考え

    「豊かな学びを育てる学校」
   
 子どもたちが旗台小学校の児童であることに誇りをもって、いきいきと学校生活を送り、豊かな学びを育てるための学校づくりを推進します。

 



目標を達成するための方針

1 これからの時代を生き抜く資質・能力を育成する

(1)学力向上を支える学習の基礎・基本の徹底
 ○ 学習用具の準備、学習に対する構えや始業の挨拶、発表の仕方や話の聞き方などの基本的な学習規律を学校
   全体で統一し、徹底して身に付けさせる。
 ○ 体験的な学習や課題解決的な学習を重視し、学んだことを活用して学習を進められるようにする。主体的に学習
  に取り組み、深い学びとなるよう効果的な学力の定着を図る。

(2) 市民科学習の定着
 ○ 学級全体やグループでの話合いや学び合いの仕方を全学級で統一し、相手の考えを受けとめること、自分の考
   えを表現することをなど学び合うための基本を徹底して身に付けさせる。
 ○ 児童一人一人に持たせる市民科ノートを活用し、市民科学習の積み重ねを大切に指導する。

(3) オリンピック・パラリンピック教育
 ○ 「ボランティアマインド」「障害者理解」「スポーツ志向」「日本人としての自覚と誇り」「豊かな国際感覚」の5つの資
   質を育てるために市民科や各教科の学習との関連を図り、計画的に推進していく。
 ○ 体育の授業では、TAを有効に活用して、個々の児童の体力の向上を図る。また、競技体験教室を通してスポー
   ツに親しみ、フェアプレーの精神や粘り強い心の育成につなげる。

(4) ICT教育の充実
 ○ 全普通教室に導入されたICT機器を活用して、より分かりやすい授業を展開していくようにする。
 ○  児童がプログラミングを体験し、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を取り入れ
   た学習活動を行う。

2  多様な交流活動を行い、カリキュラムの充実

(1) 荏原第五中学校区での取組
  ○ 小・中の教員が「自ら学び、自ら行動する児童・生徒の育成」を目指した研究に取り組む。全教科・領域で「基礎・
    基本を生かし、学びを深める話し合い活動」の実現に向け、グループで共通する指導内容・方法を実践しながら 
    質を高め、全体の指導力向上を図る。
  ○ それぞれの管理職と研究コーディネーターで研究推進委員会を組織し、各教科・領域部会の目標や研究の進捗
    状況等を管理し、研究全体をマネジメントする。
  ○ 荏原第五中学校と実施する「サマースクール」「合同合唱」「地域清掃」等の特色ある教育活動の継続・充実を図
    るよう計画的に取り組む。

(2) 異年齢の関わりによる社会性の育成
  ○ 1年生や5年生が近隣の保育園、幼稚園との交流を通して自己の役割を果たし、思いやりの心を育むとともに、園
    から小学校への円滑な接続を図る。
  ○ 各学年の児童から構成されるたてわり班の異学年交流により、自分の役割を果たしたり、自分の持ち味を生かし
    たりすることにより、自己有用感を高めることができるようにする。6年生は小集団の班長・副班長としてリーダー
    シップを発揮し、最高学年としての自覚を高める。

(3)いじめ・不登校・問題行動等への対応
  ○ 毎月のアンケート調査や教員の見取りにより実態を把握し、生活指導部が情報を集約して対応する。また、校内
    にいじめ防止対策委員会を設置し、必要に応じて関係機関と連携して対応に当たる。
  ○ 児童会活動として代表委員を中心に児童がいじめ防止につながる活動を提案し、実行していくよう児童の主体性
    を育てる。
  ○ 生活指導部が中心となり問題行動についての状況を把握し、生活指導夕会を活用して情報共有や対応について
    の共通理解を図る。特に、不登校についての背景や児童の家庭環境等に配慮しながら、SCや関係機関と連携し
    て改善を図る。

3 コミュニティ・スクールを推進し、地域との協働による教育活動

(1) コミュニティ・スクールの推進
  ○ コミュニティ・スクールを実施するために保護者会や学校便り、ホームページ、学校公開などを通して啓発を図る。
  ○ 校区教育協働委員会では、学校運営の基本方針の承認、教育活動の評価を通して本校の教育活動が学校地域
    コーディネーターを中心に学校支援地域本部が学校で必要とする教育活動ために必要な支援について、PTA
    動も含め地域人材を活用していく。

(2) マネジメントサイクルの確立
  ○ 学習内容の定着に関して、学習の成果物等から学習内容の定着状況を把握し、課題を残した児童には、スタディ
    タイムやサマースクールで地域未来塾を活用しフォローアップする。
  ○ 年度当初の26年生の学力調査の結果を踏まえ、学年・学級の学力の傾向や個々の児童の状況を把握し、
    フォローアップを必要とした内容、学習規律や授業の基本事項の定着状況を踏まえ、学力の定着・向上を図る。
    校区教育協働委員会とも協力して随時改善を図っていく。


 
   旗台小学校体罰ゼロ宣言

  旗台小学校では、体罰防止に向けたスローガンを上記の「体罰ゼロ宣言ポスター」に書き込み、校内に掲示しています。

コンテンツ一覧

校長室より

学校案内

教育目標

学校経営方針

沿革

年間行事

研究

学力定着度調査の結果と取組み

外部評価の結果

小中一貫教育

学校・学年の様子

学校だより

給食

PTA

その他

リンク

保健

〒142-0064 品川区旗の台4丁目7番11号 品川区立旗台小学校
Tel 03-3785-1687 (18:00~翌7:30) 03-4330-0898 Fax 03-3785-1753
Copyright © 2012 品川区立旗台小学校 All Rights Reserved.