校章品川区立御殿山小学校
トップページ品川教育委員会トップページ
文字サイズ
拡大標準縮小
印刷用画像

研究

今年度の研究構想図はこちらをご覧ください。



11月27日 第2回研究授業(6年生)

11月27日に6年生の研究授業を行いました。「場合の数」の学習で、「ものの並べ方について、起こり得る場合を順序よく整理して調べることができる」ことがねらいです。6年生は、チャレンジコース、ぐんぐんコース、じっくりコースの3コースに分かれて学習を進めました。チャレンジコースは、丸いテーブルに4人が座るときの座り方が何通りあるかを、座る場所を考慮に入れる場合、入れない場合の両方について考えました。ぐんぐんコースでは、卒業遠足の場面を設定し、ディズニーシーの4つの乗り物を乗る順番が何通りあるか考えました。じっくりコースでは、友達4人がリレーをする場合の順番の決め方が何通りあるかを考えました。どのコースでも、子どもたちが関心をもって取り組み、図をかくなどして、順序よく整理して調べることができました。また、自分の考えをペアの友達や全体で伝え合い、それぞれの考えのよさを認め合ったり、算数的により価値の高い調べ方はどれかを話し合ったりすることができました。


6月21日 第1回研究授業(2年3組)

今年度は、算数の研究に取り組んでいます。「思考力、表現力を育てる指導方法の改善」を研究主題とし、問題解決学習の仕方を工夫することにより、児童の思考力、表現力を伸ばしていこうと考えています。6月21日に第1回の研究授業が行われました。「ひき算」の単元で、34-18の計算の仕方を試行錯誤しながら考えました。初めて学習する繰り下がりのあるひき算がどうしたらできるかを、ブロックや図などを使って、みんな真剣に考えていました。自分の考えと友達の考えを比べながら聞き、共通点を見付けだそうとしている姿もとてもすばらしかったです。子供たちの意欲をより引き出し、主体的、協働的に学習するためにどのような指導をしていけばよいのか、1年間しっかりと研究していきたいと思います。講師の髙田美代子先生からは、新指導要領で大切にされている「自主的に、対話的に、深い学び」を追求するために大切なことをたくさん教えていただきました。今後の算数指導に生かしていきたいと思います。

コンテンツ一覧

校長室より

学校案内

教育目標

学校経営方針

沿革

年間行事

研究

学力定着度調査の結果と取組み

外部評価の結果

小中一貫教育

学校・学年の様子

学校だより

給食

PTA

その他

宿泊行事

申請書等

リンク

〒141-0001 品川区北品川5丁目2番6号 品川区立御殿山小学校 Tel 03-3441-0814 Fax 03-3441-0748
Copyright © 2012 品川区立御殿山小学校 All Rights Reserved.