12月の様子

  2学期 終業式を無事迎えました。










 
 25日 2学期終業式を行いました。
 
 4年代表児童の素晴らしいピアノ演奏を静かに鑑賞
 そして、愛唱歌「未来に羽ばたけ大井第一」を大合唱
 して、全校児童799名終業式を迎えました。

 校長講話では、この2学期、一人一人の児童の頑張り
 について大賞賛。「努力と労苦に中にこそ、本当の喜び
 と成長がある」と、激励がありました。

 
 その後、3年生の代表児童4名が、
 「2学期は私の目標を一点に見つめて努力し、達成する
  ことができました!」と、それぞれが水泳や音楽、学習
 や発表する力など、それぞれが伸ばすことができた喜び
 を堂々とスピーチしました。


 楽しみな冬休みが始まります。
 

 「自転車に乗るときはヘルメットをかぶること」など
 冬休みの生活のルールを守り、絶対無事故!の
 お休みになるよう願っております。

 
 保護者の皆様、地域の皆様
 この2学期も本当にありがとうございました。

 
 どうぞよいお歳をお迎えください。
 
  

  第6回品川蕪品評会 で優勝しました!








 
 市民科「品川蕪を育てよう」(5年)
 
 
 5年生は、9月から江戸伝統野菜「品川蕪」について、
 東海道品川宿なすびの花代表 大塚好雄先生に、 
 その引き継がれてきた歴史や食文化について学び、
 品川蕪を丹精込めて育ててきました。

 
 そして、収穫の時を迎えました。
 
 
 12月23日第6回品川蕪品評会に出品しました。

 
 品評会では、5年生代表児童が丹精込めて育ててきた
 エピソードについて、堂々とアピールしました。

 
 その結果、多くの学校や団体の力作の品川蕪の中で、
 大井第一小の品川蕪が優勝することができました。

 
 品川蕪についてご指導いただいた大塚好雄先生、
 本当にありがとうございました。
 

  

  市民科「大森貝塚博士になろう」発表会(4年)






 
 市民科「大森貝塚博士になろう」(4年)
 発表会を行いました。

 地域にある大森貝塚を通して、地域の史跡や自然、
 文化、歴史やモース博士について、4年生は学習し
 てきました。

 大森貝塚保存会長 関俊彦先生を招聘して、
 ますは、
 ①学び、 ②課題を設定し、③自分たちで調べ深め
 ④相互に対話し合いながらまとめ 

 ⑤教えていただいた関先生や保存会の皆様、保護者
 の皆様にその成果を発表しました。


  

  赤ちゃんふれあい授業(保健委員会活動)






 
 「あかちゃんふれあい教室」(保健委員会活動)
  を行いました。

 7月、10月に続いて、3回目の授業です。

 成長された地域のあかちゃんとふれあいったり、
 お母様より生命を育む心を学んだりしました。

 「自分もお母さんやいろいろな人から、大切に
  されていることがわかりました」

 地域のお母様や赤ちゃん
 ファシリテーターの皆様
 大井倉田児童センターの皆様
 ありがとうございました。