校章
トップページ品川区教育委員会トップページ
文字サイズ
拡大標準縮小
印刷用画面
 

配布物

市民科授業地区公開講座
  
 
平成28年度 市民科授業地区公開講座のお知らせ
    市民科授業地区公開講座のお知らせ
pdf  ←クリックしてください。
    特別講演のお知らせpdf  ←クリックしてください。



学校説明会案内

  平成28年度、学校説明会の案内です。
   学校説明会ポスターpdf  ←クリックしてください。
   学校説明会案内pdf    ←クリックしてください。



大雨および暴風(台風)、大雪、震度5以上の地震の発生時等の登下校の判断について
→H29年4月配布 (生活のしおりP17)


(1)大雨・台風時
 品川区は、次のような「判断根拠とする警報」に基づき、始業時刻の繰り下げ、臨時休業、下校時刻の繰り上げ等の判断をします。 
「判断根拠とする警報」

 気象庁による特別警報(大雨、暴風、大雪特別警報)及び警報(大雨、暴風、洪水、大雪警報)が、品川区に出ている場合

気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/jma/index.html

登校

〇午前7時の時点で「判断根拠とする警報」が出ている場合
 ・学校は臨時休業  
 ・児童、生徒は自宅学習
 
※児童・生徒が家を出た後に警報が発令された場合、登校した児童・生徒は学校に留め置く。
※万が一、通学の安全に不安がある場合には、無理して登校させずに自宅学習を希望することも可能。この場合、必ず保護者より学校へ連絡。出欠席の扱いは出席扱い。

下校
 〇下校時刻前に「判断根拠とする警報」が出た場合
 ・学校は、児童、生徒を学校またはすまいるに留め置く(保護者による引取りは可能)
 〇通常の下校時刻より前に「判断根拠とする警報」が出ることが予想され、教育委員会が下   校時刻を繰り上げる判断をした場合
 ・学校は、下校時刻が繰り上がったことを保護者へ連絡
 ・保護者が自宅不在の場合は、児童、生徒を学校またはすまいるに留め置く
 〇児童、生徒を学校またはすまいるに留め置いた後の対応
・午後6時までに「判断根拠となる警報」解除の場合は、方面別集団下校を実施。
・午後6時を過ぎても「判断根拠となる警報」が解除されない場合は、保護者による引き取り。         ※引き取りは午後6時前でも可能とする。

その他
※「判断根拠となる警報」により学校が臨時休業となった場合、給食費は返金されない。
※前日の段階で「判断根拠となる警報」が出された場合、学校よりプリントまたは一斉メール配信及びHP等にて対応する。
※「落雷」「大雨」「降雪」「洪水」「火事」等、その他の災害についても、一斉メール配信及びHP等にて対応する。

(2)地震時
 品川区において震度5弱以上の地震が発生した場合
①在宅時に地震が発生した場合
…登校しない。各自治体の指示に従う。(下記参照)

②登下校時に地震が発生した場合
 …原則避難所である豊葉の杜学園へ移動する。(場所によっては自宅に戻る。)移動後は③に順ずる。(地震の影響により、移動が困難な場合は近隣の避難所へ移動する。)

③在校中に地震が発生した場合
 …学校で児童・生徒を待機させ、様子を確認する。安全が確保できる状況を確認でき次第、連絡があるなしに関わらず保護者引き取りによる下校を行う。保護者とは緊急時連絡票に記載された者とする。ただし、事前に学校の了解がある場合は家族(高校生以上)による引取りも可とする。

④校外学習時に地震が発生した場合
  …実地踏査で確認した、一時集合場所・避難所に避難。宿泊場所では、その管理者の指示に従う。(対応については、一斉メール・HP・電話等で連絡する。)

大きな地震が発生した場合の対応について、必ずご家庭でお話をしてください。

※震度4以下の場合は、状況(倒壊・火災等)に応じて、保護者引き取りによる下校や教職員引率による、一斉下校及び集団下校を行うこともあります。その場合は、一斉メール・HP等で連絡します。

※大きな地震発生時は、ご家庭への連絡が取れないことも予想されます。一斉メール・HP・電話等可能な限り通信手段を駆使しますが、災害発生時には通信手段を使った連絡は回らないものとして対応してください。

詳しくは、生活のしおりの17ページをご覧ください。





平成29年度 土曜授業の実施について
 品川区では、毎月第1・第3土曜日を授業日とし、学校での教育活動を保護者及び地域の皆様に広く公開しています。毎回多くの方々がご来校されます。ぜひ子どもたちの学習の様子をご参観ください。

Copyright© 2012 品川区立豊葉の杜学園 All Rights Reserved.