校章   
トップページ品川区教育委員会トップページ
文字サイズ
拡大標準縮小
印刷用画面
 

学校案内

所在地〕 142-0051 東京都品川区平塚3丁目16番26号
電  話〕 03-3782-7770
F A X 03-3782-9137
  
交   東急池上線「戸越銀座駅」下車徒歩7分
  都営浅草線「戸越駅」下車徒歩10分
  東急目黒線「武蔵小山駅」下車徒歩10分
 
M A P荏原平塚学園_周辺地図
  ↑↑ クリックすれば拡大します ↑↑





 シンボルマーク
荏原平塚学園シンボルマーク

 本学園のシンボルマークは、全体として桜の花びらをイメージしていますが、その花びら一枚一枚が筍(たけのこ)になっています。
 五弁のうち、下に位置している二つは、保護者・地域と学校が一体となって連携協力している姿を示します。
 一番上の筍は、教育目標である「好学・誠意・鍛錬」を表し、左側の筍は、児童・生徒が人間として「生命や人権、財産を大切にする」態度を育むことを示しています。
 もう一つ、右側の筍のみ、根元の縁が4つに分かれています。これは、生活をしていく上で欠かせない「挨拶をする」「時間や時刻を守る」「約束を守る」「役割を果たす」という4つの資質を身に付けることを願っています。





  学園歌 

 本学園の学園歌は「マイバラード」や「はばたこう明日へ」など、多くの著名な合唱曲を手掛けている松井 孝夫氏の作詞作曲によるものです。
 子どもたちからの「言葉」や「思い」を参考にしながら、実際にこの荏原平塚学園周辺の地を歩き、肌で感じた街の空気を織り混ぜて、1年生から9年生までが歌えるように作られています。

        荏原平塚学園 学園歌
                          作詞 作曲   松井 孝夫

一、

若竹(わかたけ)のように のびやかに
それぞれの(ゆめ)()かって (ある)()そう
たとえ (おお)くの困難(こんなん)()()けていても
仲間(なかま)とともに()()()って (すす)んでいこう
(たが)いを信じて 未来(みらい)(きず)こう
(そら)彼方(かなた)に すばらしい明日(あした)()っている
二、若竹(わかたけ)のように すこやかに
いろんな(とも)だち 今日(きょう)笑顔(えがお)くれる
(まち)()けば いつもそこを()(かぜ)
活気(かっき)()ちて 元気(げんき)があふれ ぼくらを(つつ)
歴史(れきし)(かさ)ねて (いま)ここに()きる
荏原(えばら)平塚(ひらつか) わたしたち ぼくたちの(ゆめ)ここに

(ゆめ)(いま) ここに





 制服 

 本学園では、義務教育9年間終了時の社会参加を視野に入れた生き方を身に付け、自らの生き方を自力で設計し、目的達成のために学習する学び舎を目指します。
 そこで、制服の着用が、外見も内面も大切にし、「じりつ(自律と自立)」に向けた一つの手段となるよう、以下の考えに沿って、デザインや着用方法を決めました。

1.義務教育学校(小中一貫校)のシンボルとして
 1~9年生の連帯感を育み、存在感や安心感・安定感、普遍性などをもつ、機能的で経済的(長期使用・自家洗濯可能)な制服
 
2.義務教育学校(小中一貫校)の魅力として
 義務教育学校として注目される意識を活用しつつ、教育内容や規律ある学校生活を充実させるアイテム

えばひら1-4年生制服             
えばひら5-9年生制服
1~4年生 5~9年生
 
Copyright© 2012 品川区立荏原平塚学園
All Rights Reserved.